ようこそゲスト様
    
Data check list

入稿用データのつくり方(チェックリスト)

Data check list

入稿データチェックリスト

完全データにてご入稿ください。

名刺良品では、お客様に激安価格で高品質の名刺をお届けするため、基本的にお客様からお送り頂いたデータのチェックを行っておりません。
完全データとは、ご入稿頂いたデータに修正が手を加える事が必要のない完成された印刷可能なデータです。 データのロック解除・レイヤーの統合・ロゴや文字の移動など、名刺印刷の際に一切の修正・変更等の必要の無いデータを意味します。

フォント(文字)のアウトラインを作成してください。

アウトライン作成方法

フォント(文字)のアウトラインの作成が行割れてない状態で、作成した環境と異なるパソコンでデータを開いた際、同じフォントのデータが無いと、別のフォントに置き換わってしまいます。
同一のフォントが別環境のパソコンに無かった場合、フォントが置き換わってしまうだけでなく、文字が正しく表示されない・文字間や位置がズレる・文字化けしてしまうなどの様々な問題が生じてしまします。
こういったトラブルを回避するために、フォント(文字)のアウトラインを作成することで、フォント情報を図形化し異なったパソコンの環境でデータを開いても、フォントのカタチを崩さずに出力できる様になります。
※文字のアウトライン作成方法につきましてはIllustrator上でデータをすべて選択(Windows:Ctrl+A / Mac:Command+A)していただいた後にアウトラインの作成 Windows:Ctrl+Shift+O / Mac:Command+Shift+O がデフォルトのショートカットキーとなっております。

リンク画像は全て埋め込んでください。

画像埋め込み方法

作成したデータに画像のファイルが含まれている場合は、画像のリンク切れを防止するために全ての画像データを埋め込んでいただくよう、名刺良品では推奨しております。
※画像埋め込みの方ににつきましては、データ保存時に出てくる『Illustrator オプション』項目内の『オプション』『配置した画像を含む』のチェックボックス欄にチェックを入れて保存してください。
画像ファイルを埋め込まない場合は、必ずAI(Illustrator)ファイルと同じフォルダ内に画像を入れ、ZIP形式に圧縮してご入稿ください。

カラーモード・使用カラーは必ずCYMKにしてください。

カラーモード選択方法

スポットカラー・スウォッチカラー・特色カラーなどをお使いの際はすべてCMYKに変換してください。配置しております画像につきましても同様にCMYKでお願いいたします。
入稿されたデータのカラーの確認につきましては、基本的に行っておりませんのでCMYK以外のカラーになっていても印刷機による自動変換で印刷します。

裁ち落としのあるデータは塗り足し部分を作成してください。

名刺の裁断では機械精度の関係上、最大で2mm程度の裁断誤差が生じます。
塗り足し部分を作成しておかないと、余白が出来てしまいイメージ通りの仕上がりとなりませんので、塗り足し部分の作成をお願い致します。
※塗り足し部分の作成方法については、入稿用 名刺テンプレートをご参照下さい。また、ご注文フォームで『裁ち落とし加工』項目の片面・両面の選択を忘れてしまうと正しく納品されませんのでご注意下さい。

トンボ(裁断指示)を付けてください。

トンボ作成方法

ご入稿データには必ず91mmx55mmのトンボ(裁断指示)をお願い致します。
トンボ(裁断指示)がないデータでご入稿いただきますと、お客様が希望されるデザインとのズレが生じてしまいますので、必ずご確認ください。

名刺サイズは、91mmx55mm〜47mm×47mmの範囲で作成したデータにてご入稿下さい。

名刺良品の名刺印刷イズは、91mmx55mm〜47mm×47mmの範囲でご注文を受付させていただいております。
上記以外のサイズのデータでご入稿いただきますと、お客様が希望されるデザインとのズレが生じてしまいますので、必ずご確認ください。

重要なロゴや記載内容は、仕上がりサイズより2mm以上内側に配置してください。

名刺のカッティングでは最大2mm程度のズレがどうしても生じてしまいます。
カットされては困る重要なロゴ・記載情報等は2mm以上内側に配置していただきますようお願いいたします。

印刷するデザインデータのレイヤーは一つに統合してください。

レイヤーの統合方法

複数のレイヤーがございますと、不要なデータが印刷されてしまったり、逆に必要なデータが印刷されない場合がございます。
複数のレイヤーで制作されたデータでも、印刷するデータは一つのレイヤーに統合してからご入稿ください。
※レイヤーの統合方法:統合するレイヤー選択(Windows:Ctrl+クリック / Mac:Command+クリック)していただいた後に、『選択レイヤーを統合』を選択してください。

弊社のテンプレートをご利用頂く際には、印刷するデザインデータを『データ貼り付け』のレイヤで作成し、『説明文』のレイヤはそのままでご入稿ください。

印刷デザインデータのロックは解除してからご入稿ください。

レイヤーロック解除方法

データの一部にロックが掛かったままご入稿された場合、ロックの掛かったデータは印刷されませんので、ご入稿の際は全てのロック解除をお願い致します。
※ロック解除方法:Illustlator上でデータを全て選択(Windows:Ctrl+A / Mac:Command+A)していただいた後に、『オブジェクト』→『すべてをロック解除』を選択してください。

不要なデータは削除してください。

不要なレイヤー・不要なリンクファイル・孤立点等ございますとデータが重くなるばかりか、印刷ミスとなる可能性がございます。
不要なデータを削除されてのご入稿をお願いいたします。

ご入稿データサイズにご注意ください。

ご注文フォームより入稿できるデータの総容量は300MBまでとなってます。
300MB以上データがある場合は、画像のデータが大きすぎる事がございます。
印刷に適正な解像度は350dpiとなりますのでデータをリサイズしてからアップロードしてください。
350dpi以上を超えるデータでご入稿いただいた場合、出力に時間がかかると当時に、画像部分のデータが飛んでしまう場合がございます。
あまりにも重たいデータでご入稿頂いた場合は、再入稿のお願いをすることがございますのでご了承ください。

文字の大きさにご注意ください。

文字が印刷で潰れなく認識できるフォントのサイズは5pt以上をお勧めしております。
アルファベットや数字は5ptより若干小さくても問題ございませんが、漢字のフォントや太さによっては潰れる場合がございますのでご注意下さい。

2種類以上のデザインをご入稿する場合は、レイヤーで分けてのご入稿はご遠慮下さい。

複数種類名刺テンプレート

先も記載した通り、名刺良品では、『完全データ入稿』でのお願いをしており、データのチェックを全て行なってはおりません。
レイヤーで複数のデザインを分けてのご入稿を頂いても、データを開いた状態のまま印刷をさせて頂いております。
よって、複数のデザインがあっても、一つのデザインデータしか印刷されません。
名刺良品では10種まで1つのファイルでご入稿で来ますテンプレートを用意しておりますので、複数種類の名刺データをご入稿する場合にお役立てください。11種以上の場合は、 お手数ですが10種用テンプレートを複数個ご用意の上、一つのフォルダーに入れ、ZIP形式を圧縮して頂いてからのご入稿をお願いいたします。
*レイヤーで分けてのご入稿頂いた際には、レイヤの分かれたかたの名刺は印刷されない事がございますので、必ず複数名の場合は、1枚のレイヤの中に複数名のデータで作成願います。

Data check

データチェックについて

名刺良品は完全AI(Adobe Illustrator)データ入稿専門サイトでございます。
データ入稿ガイド内(AIデータの作り方チェックリスト)や、ご入稿用テンプレートをご使用の上ご入稿をお願いいたします。
ご入稿データに不備があった場合には、ご希望の納期に添えないケースがでてきますので上記の注意点を良くご理解いただいたうえでのご注文をお願い致します。
ご注文内容と入稿データの内容が異なっている際は、ご注文内容を優先して印刷に入りますのでお間違えの無いようご入稿ください。 名刺良品では、1円でも安い価格でお客様にご利用して頂けるよう、業務フローの簡素化を行っております。
そのため、入稿データのご確認は、お客様にてしていただきますよう、ご協力をお願いしております。
上記の注意点を守られていないご注文でのクレーム・返金には対応しかねますのでご注意下さい。

ご入稿はこちら

MEISHIRYOHIN FEATURE
名刺良品の特徴
SERVICE MENU
サービスについて