簡単見積もり データ入稿専用
名刺良品ブログ

ブログお知らせ

2019.04.10

【NEW】東北コットンCoC追加いたしました。

この度、弊社ラインナップに東北コットンCoCを追加いたしました。
本記事は、東北コットンCoCの魅力について熱くご紹介させていただきます。

東北コットンCoCはどんな用紙?

用紙のコンセプトは、『人と人との出逢いをつなぐ「名刺」の印刷で東北を応援・支援していく』というものです。
名刺良品でも、東北進出をきっかけに東北をもっと盛り上げていきたいそんな想いがある中で、「東北コットンCoC」という用紙を知りました。

「東北コットンCoC」は、『東北コットンプロジェクト』の製品で、東日本大震災の津波被害により稲作が困難になった農地で栽培し収穫された綿(コットン)の茎から採った繊維で作られた用紙です。
名刺の印刷で東北を応援するそのコンセプトに感銘を受け、この度導入をさせていただきました。

通常の用紙は、木材パルプのみで作られるのが一般的ですが、
木材パルプと本来廃棄されるはずの茎を利用しており、コットンの繊維が用紙自体に漉き込まれています。
この「東北コットンCoC」という用紙は、廃棄されていたものに新しい価値を付与するアップサイクル製品であると同時に、
人や社会、環境にも配慮をしたエシカル製品でもある用紙です。

cotton01.jpg

一番の特徴は、綿(コットン)繊維が漉き込まれて出来る風合いです。
一枚一枚、繊維の模様が異なるため用紙の様々な表情を楽しむことができ、尚且環境にも配慮がされています。
用紙の風合いと、環境配慮を融合させた今の時代にマッチした用紙だと感じています。

東北コットンプロジェクトとは?

『東北コットンプロジェクト』は、東日本大震災の津波被害により稲作が困難になった農地で綿(コットン)を栽培、紡績、商品化、販売までを一貫して行っています。
そんな「東北コットンCoC」をプロジェクトの1製品になります。
長期の視点で被災地の復興を考える農家と企業が集まり、農業を基盤とした東北の新たな農産業の確立を目指すと共に、コットンから『次の東北をつくっていくプロジェクト』です。

東北コットンプロジェクトの詳細や活動に関しては、下記URLよりご確認のほどお願いいたします。
東北コットンプロジェクト:http://www.tohokucotton.com/

実際に印刷をしてみました

 弊社のデザイン素材集の中から、いくつかピックアップさせていただき実際に印刷を行って見ました。
実際に印刷を行ってみると、漉き込まれた綿(コットン)の繊維が良いアクセントになり全体的に柔らかな優しい雰囲気を持った仕上がりになっていると思います。

IMG_20190404_112039 (1).jpg



IMG_20190404_103352 (1).jpg



IMG_20190404_115637 (2) (2).jpg

発色も良く特殊サイズの加工や、角丸加工との相性も非常に良いです。名刺だけでなく、ショップカードやポイントカードとしてもオススメができる用紙です。
無料で用紙のサンプルをお配りしておりますので、是非一度お手にとって頂けたら幸いです。

無料用紙サンプルのご請求は下記URLよりご請求して頂ますようお願い致します。
サンプル請求:https://www.meishiryohin.com/sample/


ご注文は、コチラから!!

「東北コットンCoC」でのご注文は下記のボタンより、ご注文をお願い致します。
皆様からのご注文、心よりお待ちしております。 

tohoku.jpg