簡単見積もり データ入稿専用
名刺良品ブログ

データ入稿ガイド

入稿データはご注文サイズで作成されていますか

弊社では一般的な名刺サイズ(91mm×55mm)から変形サイズ(短辺47mm~55mm×長辺47mm~91mm)までのご注文を承っております。注文いただいたサイズと入稿データのサイズが異なると印刷することができません。
そのため入稿データは必ず、ご注文サイズにて作成いただきトリムマーク(裁断指示・トンボ)を設定してください。

  • トリムマーク(裁断指示)
  • Point! トリムマークは四角形の周りを囲っているマークのことです。これを基準に裁断しています。

01入稿テンプレートをご利用いただく場合

弊社では、あらかじめトリムマークの設定してある入稿テンプレート』を3種類ご用意しております。
一般名刺サイズ(91mm×55mm)、欧米名刺サイズ(89mm×51mm)、小型名刺サイズ(85mm×49mm)
ご注文の場合は、入稿テンプレートにデザインデータを貼り付けていただくだけで入稿データの作成ができます。

  • テンプレートへコピー&ペースト
  • Point! 印刷したいデータをテンプレートに貼り付けるだけ!

テンプレートをご利用の際は『データ貼付け』と『説明文(解除編集不可)』のレイヤーの統合は行わず、はじめに開いたレイヤー状態のままでご入稿ください。 テンプレートを統合すると『説明文』レイヤーに含まれるガイドの枠線が、デザインデータと一緒に印刷されてしまいます。 また、『説明文(解除編集不可)』レイヤーのロックを解除し編集は行わないでください。 すると入稿テンプレートになっていると同時に弊社の印刷ガイドとなっております。

02特殊サイズ、独自でトリムマーク(断裁指示)を作成して入稿する場合

テンプレートの規定サイズ以外でデータを作成される場合は、仕上がりサイズのトリムマークを作成した状態でご入稿ください。 トリムマークの内側の線の範囲が仕上がりサイズ(裁断位置)となります。
※弊社で作成可能な特殊名刺サイズは短辺『47mm~55mm』×長辺『47mm~91mm』となっております。

裁断位置イメージ

トリムマークの作成手順は、『塗と線をなし』にして仕上がりサイズのオブジェクトを作成
仕上がりサイズのオブジェクトを選択した状態で『オブジェクト』→『トリムマークを作成』で完了です。
※効果からトリムマークを作成した場合は必ずアピアランスを分割してください。アピアランスを分割とは

トリムマークを作成

トリムマーク作成のために使用した枠線がデザインでない場合は、枠線を削除するか・透明(線幅ナシ)で作成してご入稿ください。枠線が残ったままですと枠線を含めた印刷となった仕上がりとなりますのでご注意ください。


Point!以下のようなトリムマークは不備となります。

裁断指示例02 裁断指示例03

作成した入稿データに不安がある方は、名刺良品で確認させていただく『データチェックサービス【300円(税別)】』をご用意しております。ご注文の際に、『データチェック有り』にチェックを入れてお申し込みください。誤字脱字やデザイン・レイアウト等に関しては、データチェックサービスの対象外となりますので、あらかじめご理解いただきご注文ください。