簡単見積もり データ入稿専用
名刺良品ブログ

データ入稿ガイド

配置画像はきちんと埋め込まれていますか

作成したデータに画像データが含まれている場合は、画像のリンク切れを防止するために使用した画像データを埋め込んでください。画像のリンクが切れてしまうと、画像を配置した部分は空白の状態で印刷されてしまいます。

イメージと異なる仕上がりにならないよう、配置画像は必ず埋め込みを行ってください。
3通りの埋め込み方法がございますので、データの作成状況にあわせて下記手順をご確認ください。

01データの保存時に画像を埋め込む場合

データの作成完了後、『保存(新規作成したファイル)・別名で保存・複製を保存』のいずれかを選択し
『Illustratorオプション』パネルを呼び出す。

リンク説明01

オプション項目の『配置した画像を含む』にチェック→『OK』ボタンをクリックで画像の埋め込みが完了。
※保存後に新規画像を配置する場合は『2』『3』の方法で個別に埋め込んでいただくか
 再度『Illustratorオプション』パネルで埋め込みを行わないとリンクエラーになる可能性があります。

02画像を配置する際に、あらかじめ埋め込み状態で配置する場合

データに追加したい画像を『ファイル』→『配置』から選択。
画像を選択したら『リンク』のチェックを外す→『配置』ボタンをクリックで完了。

リンク説明02

03すでに配置してあるリンク画像を埋め込み画像へ変更する場合

ウィンドウから『リンクパネル』を表示させます。 埋め込みたい画像を選択した状態でリンクパネルの右上にあるメニューボタンをクリックします。 メニュー項目の中から『画像を埋め込み』を選択で埋め込み完了です。

リンク説明03

04埋め込み画像の解像度は350dpi(ppi)に設定してください

印刷に適した画像の解像度は「350dpi(ppi)」となっております。(グレースケールは600dpi)
出力精度の都合上「350dpi(ppi)」以上の解像度でご入稿いただいても、印刷の緻密さに差はでません。
※入稿可能なデータ容量は300MBまでとなります。片面のデータで10MB以上ある場合は容量が大きいです。

解像度イメージ

解像度が350dpi以上ある埋め込み画像や、パスの多い複雑なデータはデータ容量が大きくなるばかりか、印刷機にデータを転送する最中にデータの一部が抜けてしまうなど、思わぬ印刷トラブルにつながる可能性がございます。

Point!印刷トラブルを防ぐためには?

埋め込んだ画像や複雑なパスで作成したデータをラスタライズし、データサイズを小さくしてご入稿ください。
手順は、オブジェクトを選択した状態で『オブジェクト』→『ラスタライズ』でオプションパネルを呼び出し
『解像度:350ppi』→『背景:透明』→『アンチエイリアス:アートに最適』→『OK』で完了です。

ラスタライズイメージ

ラスタライズを行うと、ビットマップ画像へ変更されるためパスの編集やフォントの変更ができなくなります。
デザインが完成した後にラスタライズを行うようにしましょう。

※ラスタライズの際にデータが変化していないかご確認ください。
 レイヤーの上下関係によってデザインが変化する場合がございます。

作成した入稿データに不安がある方は、名刺良品で確認させていただく『データチェックサービス【300円(税別)】』をご用意しております。ご注文の際に、『データチェック有り』にチェックを入れてお申し込みください。誤字脱字やデザイン・レイアウト等に関しては、データチェックサービスの対象外となりますので、あらかじめご理解いただきご注文ください。