安い!早い!簡単!名刺の印刷・作成は
データ入稿専門の名刺良品へ!

  • トップ
  • 【データ入稿ガイド】Step10:箔押し加工に合わせてデータを作成しましょう

【データ入稿ガイド】Step10:箔押し加工に合わせてデータを作成しましょう

箔押し加工について

オプションの箔押し加工サービスでは、「金箔」「銀箔」の2種類をご用意しています。名刺良品ではどちらもツヤのあるタイプのものを使用しています。


箔作成例1

箔押し加工とは?

箔押し加工には、金型でプレスをする方式と、箔のフィルムを転写する方式があります。名刺良品では後者の『転写方式』を採用しています。

『転写方式』では、印刷したトナーに箔のフィルムを反応させ、熱で圧着させます。金型(版)の作成が不要のため、低コストでの加工が可能で、加工部分は凹みや盛り上がりのない平らな仕上がりとなります。

箔押し手順

箔押し加工データ作成時の注意点

01.箔押し加工専用の入稿用テンプレートをご利用ください

箔押し加工をご注文の際は、箔押し加工専用の入稿用テンプレートをご利用ください。ファイル名に「HAKU」が含まれているものが箔押し加工専用テンプレートです。

転写方式の箔押しでは、箔押しデータとその他のデータが分かれている必要があります。
箔押しデータは『金箔データ貼り付け』もしくは『銀箔データ貼り付け』レイヤーに、箔押しをしない通常の印刷データは『データ貼り付け』レイヤーに作成してください。


【箔押し加工専用テンプレート使用時の注意】
金箔加工をご希望のデータは『金箔データ貼り付け』レイヤー、銀箔加工をご希望のデータは『銀箔データ貼り付け』レイヤー上に作成されているかご確認ください。
通常名刺の注文に箔押し加工専用テンプレートが使用されていると、注文内容確認のため納期が遅れる可能性があります。
箔押し加工専用テンプレートは、箔押し名刺注文時のみご利用ください。

箔押し注意1

02.箔押しをするデータはK100%で作成してください

箔押しをするデータは、必ずK100%のカラー設定で作成してください。
K100%以外のカラーやグラデーションのデータでは、加工の際に箔がキレイに圧着されません

03.箔押し部分の周りには1.5mm以上の余白を設けてください

印刷ズレによって箔と他のデータが重なってしまうことを防ぐために箔押しデータの周りに1.5mm以上の余白を取ってください。

箔押し加工後に箔押しをしないデータの印刷を行うため、「箔押しデータと通常データが重なるデザイン」や、「ベタ面(背景など)の上に箔押しをするデザイン」は作成できません。また、1つの面に金・銀2色の箔を使用したい場合も、同様に周りに余白を設けてデザインを作成してください。

データ入稿ガイド :印刷・断裁ズレについてご確認ください


箔押し注意2

04.文字やオブジェクトの大きさ・線の太さにご注意ください

名刺良品では文字の大きさは5pt以上、線幅は0.25pt以上でのデータ作成を推奨しています。
『文字・線・オブジェクト』のサイズが上記に満たないと、箔が細部まで定着しない可能性があります。
【関連ページ】02.文字の大きさ、線の太さにご注意ください

テキストのサイズ、文字の潰れ、線幅に関しては、データチェックの対象外となります。予めご了承ください。


05. 加工に適した用紙

箔押し加工の適性が低い用紙は、弊社であらかじめご注文ができないように設定しています。
取扱い用紙一覧 用紙の詳細ページ 加工適性』の項目に「◯」がついているものは、箔押し加工が可能な用紙です。

凹凸や質感のある用紙は、印刷時にムラや白抜け(印刷が乗り切らない部分が出ること)が生じやすいため、安定した品質でのご提供が難しく、箔押し加工対象外としています。

【関連ページ】
よくある質問:箔押し・PP加工「不可」の用紙でどうしても加工をしたいのですが


6. ご注文時の色数について

『転写方式』の箔押し加工では、モノクロで印刷した後に箔のフィルムを圧着させるため
弊社では、箔押しデータの色数は「モノクロ」として扱っています。

箔押しデータ以外の通常印刷データにカラーが含まれていれば「カラー」、
通常データも含めて全てモノクロであれば「モノクロ」
でご注文ください。

「箔押しデータのみの面」については「モノクロ」となります。







『完全データ入稿ガイド』ダウンロードページ